羨ましい

昨日はイライラして、無口になってしまった。本当にごめんねと思う。大人気なかった。

なんで腹が立つんだろう、微塵も羨ましくないのにってすごく考えたけど、私は多分、初めて働いた飲食店変に厳しくて、たくさん怒られたりしたからだろうな。

そのおかげで今があるから、あれでよかったって思ってるけど、多分、ぼけっと仕事しててもなんにも許されるあの子が心のどっかで羨ましかった。

私も、最初 優しくしてほしかったり、あんな風に許されたりしたかった。のかも。

最初人よりちょっと早く動けるだけで、スーパーエースだとかのせられて、少し嬉しかったけど初めてのバイトで本当にお金が必要だった私にはちょっと怖いと感じた。仕事が遅い子はシフトにあんまり入れてもらえなくなっていって、私は1週間に一度しか休みがなくなった。

店長の気にくわない人はみんな辞めさせられていった。

一人ぼっちで毎日がんばっているような気持ちになった。

私はどうしてもお金が必要と思うと怖くてもう毎日がんばるしかなくて、ミスをするといつもはできるのに機嫌が悪いとできないのか?と言われた。ミスをするたびああ今は機嫌が悪いんだとか、あいつはそういうところがあるだとか言われてつらかった。悪意があってミスをしているわけではないのにそういう言い方をされるともうどうでもよくなる。

一番多くシフトに入っているのだから確率的に私が一番ミスをするはずなのに私は許されない。他のあまり仕事が早くない子は、なんでもだいたい許されるのに。

〜のにって、そればかり思っても、やっぱりお金が必要だったから、そんなことは言ってられなかった。

店長の怒りの矛先はいつも私になった。

私は反射的に謝るようになった。つらかった。お金をもらうということはこういうことかと思った。

オーダーをとった人数のランキングっていうクソみたいなランキングを店長が作って、それで一位だった。新しく入ったすごい出来るフリーターのひとに、あなたが一位のひとか、大したことないねみたいなこと言われた時も、ああこの人も店長と同じだしこの世の中は頑張る人は報われないと思った。

私は、できて当たり前だと言われるだけ。

他の人は、怒られない、褒められる時だってある。

どんなに早くバッシングできても、どんなに早く動いても。

同じ時給もらってんのにな。

でもそれでいいと思った、自分は自分で他人は他人だから。


なのになんでこんな何年も経ってから、こんな相手に腹が立つんだろう、羨ましいと思ってしまうんだろうか不思議。

私も許されたかったよ