沢山の不幸の中にただ一滴だけ落とされる幸福が

今日も疲れたぽ

わたしにできることなんてなくてなくてなさすぎて笑える。滑稽で笑えるのではなく、その欲深さに笑えるの、あるあるですか。

ごめんねの一言なんてそんなに大事じゃないのかもよ。だけど 彼女らはもっともっと、幸せでいいのに、と思う。自分だけが地獄だなんて1ミリも思ってないと願いたい。だけど自分が幸せだとは思ってない。死に損なって、家族に迷惑かけて、だからこんなとこまで逃げて来た私には、一生分からない。そんなつまらないことで、と言うと、本人たちの問題であって、それを私が外からつまらないなんて言うのは変な話だけど。そんなつまらない話で争ったり腹を立てたりするの、本当に幸せなんだなって思う。まあ私もだけどね。最近はつまらないことで腹をたてるようになって少しはデリカシーを持てたのかなと思う。みんなと同じになれた?それはつらいねそれは面白すぎるそれは楽しいね、何も思わなくてもそう言うとそう言う気持ちになれる。笑って生きてたいなんてうそだよ。もう悲しみとか悔しいとか、そういうものに出会いたくないだけ。

犯罪者を全員殺して善人だけを残してもその中から悪が生まれるという論文、感服した。いい人なんだけどねって、東京のひとはよく言うよね。本当に「いい人」だったら、君にそんな風に言われないのでは。少なくともあなたにとっては、いい人じゃないんじゃないですか。それともその言葉の主語は、そのひとじゃなくてあなたなんじゃないですか。どっちにしろ、「いい」の定義なんてどこにもないけれど、都合のイイ解釈、自分にとって都合がイイ、そんなところじゃないですか。本当に話し手にも聞き手にも悪意が微塵もない言葉は、そんなの付かなくてもそうだと伝わります。ので、必要ないよね。だけどどこに悪があるのかもわからないので注意書きは必要ってところかな。

どこからきたのかわからない「いい」というジャンルに振り分けられてしまったいい人たちの未来が見えない。極論、あいつは本当にカスだ、などと言われながらもなんだかんだ友情が続けられている人のほうが、いい人なのではないだろうか。私はそういう、こいつほんとにカスでこの前遊んだ時さ、という話を聞くと素直にああその人いい人なんだろうなあと思う。いやお前もいい人って言葉使うんかい!とつっこまれそうだが、使います。私も人間だから。私は何も神視点でブログ書いてるわけじゃないし1人の人間としてちゃんと自分が嫌いです。

悪意こそないけれど自分はいい人、そんないいひとはやめてしまえ。君は君でいーんだよ。好きにはいろんな色がある、その日その瞬間なんて二度となく善悪なんて色はない。その瞬間の色をわけのわからないモラルで塗り潰そうとしないでほしい、そんなの面白くない、東京のひとは優しくて楽しいけれど、時々面白くないなと思う、それも人間か。まあわたしも慣れるでしょう

なんかつかれちゃったなーー、寝よう

早く死にたい

ブログの題はいつもマンガやネットで出会った素敵なセリフなんです。でも今日は自分で考えました。

昔から打ち上げとかみんなで何かするの、本当は行きたいのになぜか断るということをしてしまうんですがあるあるでしょうか?

ベストアンサー

あるあるです。私もそうです。あなたが行こうと行かまいと何も変わりません。無理していく必要が全くなく、むしろ行かない方がいいです。

ヤフー知恵袋ごっこは今日も楽しいですね


はあ、死ぬことはとてもお金と迷惑がかかることで、どこでどう死んでもお金を請求されちゃうんだよね、多分。部屋で死ねば大家さんに、山で死ねばその土地持ってる人に。そして第一発見者にとんでもないトラウマを植え付け警察のみなさんのお仕事も増えるわけです。以前何も考えず死のうとしてカーテンレールが壊れ失敗に終わった時に、同棲していた相手にカーテンレールどうしてくれんだよ退去のときどんだけ金かかると思ってんの、と大激怒されてから、そういう自分が死んだ後のことを考えるようになりました

でも、生きるのもしんどくて、死ぬこともできないと思うとより一層いやになってくるんです。前は、いつでも死ねると思うと少しほっとして頑張れる日もあったけど、今はただただ絶望していて、しんどさが積もっていく。

あなたが笑わないので料理がまずく感じたわよと客の婆さんに言われた時は本当に生きるのしんどいなあと思った。その人たちは最初から難癖つけてきたひとたちで、私は、そういう人たちにはなんていわれたってどうでもいいんだけど、お店の人とか、その日その料理つくってた店長とか、味とか、なんていわれてもいいって思えなくて、なんか、いやな気持ちになった。もっと笑えなくなった。

どうしてそういう人たちが自分に対してはなんていってきてもどうでもいいかと言うと、矛盾したことや冷静に考えれば言いがかりだとすぐに分かってしまうようなことを言ってくる人は最初からそれを言いに来ているから。私のようなゴミクズに言いがかりつけて少しでも気分がさっぱりするのならどうぞ。さっぱりさせてやってありがたいと思え。

お客さんの前で笑えない。笑わなきゃなと思うのに。できないとしないは同じだ。お客さんなんかどうでもいいけどこのお店のことが好きなら笑うべきだし、好きなもののためなら、と思うけど、もう無理なんだよなあ。

いろんなことできるようになったのに得意なことができなくなったの、仕方ないことなのかな、プラスに生きたいよ、でもできないから死にたい、死にたい死にたい死にたい


今日もバイトがんばろーーー

パンツを盗むことに関しては罪悪感など一切ないんだ...

なんだか飽きたとかじゃないけど倦怠期だな〜(人間関係の)っていう感じのひとがバイト先にいるのだが、その人は社員Tさんで、私はバイトで、なんか、避けて通れないっていうかさ。

イライラするのやめてほしい、八つ当たりは大概にしてほしい。

言いたいことはそれだけだった。だけど、別に仕事に支障をきたしてるわけじゃないし、こんなのはただの要望だよね。それをバーンて言うのは短絡的すぎる。きっとなんの解決にもならないし、、かといってこれからもそーなの?と思うとめんどくせーからもう話したくねーーーと思うこともある。イライラするっていうのはつまりそこには理由とか、不安とかがあるわけで、それを見ようとしないでただ嫌なとこ言うだけじゃダメだ。ダメだよと伝えることは大事だけどそれ以上に直してほしいから言うという目的を忘れてはいけないと思った。

すごく勇気がいったけど〇〇さんとはもー無理なの?と聞いた。洗い物なんかしながら平然を装っていたが内心はヘタレなのでそういうふれちゃいけないとこに触れるの怖えよ〜〜〜たちゅけて〜〜〜〜ころちて!むしろ洗い物してないと聞けない直視できないポヨォって感じだった。

いろいろと話してくれた。 

それを聞いて、ああそうか、と思えた。私も〇〇さんは好きではないがTさんの(〇〇含めみんなへの)態度はまじで無いなと思うレベルであったので、きっと分かってあげられないだろうな、と思っていたけど、案外聞けるものだな。

まあなんていうか、私は「仕事ができない」という言葉が好きではない。速さ、ていねいさ、臨機応変さ、ムードメーカー、仕事といえど人間なので個性個人差はある。みんな違う目を持っている。

それなのに、例えば、自分は速さに長けているので、ノロマなあいつよりも仕事ができるとか、自分は綺麗にできるけれどあいつは雑なので仕事ができないだとか、なんの話だよってかんじ。人はみんなちがうから、だから全部意味があって全員かけがえのない1人なんだよボケが。

私は、お客さんの前とかであんまり笑ったりしないし、明るさはないんだけど、さやちゃんという女の子がいる日は、お店の雰囲気がパアっと明るくなって自然に明るく接客できることに最近気付いた。さやちゃんは速くてていねいで明るくて、本当に私の憧れだ。

私には私の役割があって、私は他の人にはなれないけど、他の人のいいところを自分にとりいれることはできる。私ののびしろが切れるのは、他の人を自分に重ねて切り捨てたときだと思う。

でもそれだって、最初から分かったわけじゃなくて、今までに切ってしまったのびしろもあって。ほんと、わたしはゴミだからなあ、、、


〇〇は

あいつ仕事できない(遅い)

Tさんは、

私は仕事に真剣だから(あのひとは雑だから真剣に仕事してない)


意味わかんないくらい端的にまとめるとこんなかんじである。2人ともとても大切な役割を持っているのに、どうしてそれを認めることができないんだ?こんなのは綺麗事?でも拙者は、そんな真実よりも薫殿の言う甘っちょろい戯言の方が好きでござるよ???どうにもならないことってある。それって面白くないよね。何かを否定することで支えなきゃいけない自信なんて、すぐになくしてしまうよ。そうじゃなくても自信なんて、びっくりするほど簡単になくなるものなのに。そういう話じゃないのかな?なんかちがう気がしてくるな、、、意地、なんだろうなあもう。心配しなくても世界はそんなに平和ではないので居酒屋くらい平和でもいいんだよ

貴方の幸せを願うなんて綺麗事言いながら、貴方なしじゃ生きられないんです。

今日もまかないおいしかったな。私は距離感というものがわからないし全般的に変態だと思う。また最近ネガティヴになってしまい、バイト先で「ゴミはゴミと遊んでくるよ。(ゴミ捨てにいってくるね)」と言うとねえ最近どうしたの、またネガティヴになったのと言われた。そうなんです。最近ネガティヴに戻った。本当の自分を好きになろう!自分を好きにならなきゃね!とか言って東京来てから最近までとてもポジティブだったのがもう50,000年前のように感じます。でも、私は今の方がずっとポジティブだと思うんです。だってネガティヴなのが私だから。私はゴミだ、どうしようもないって思ってる自分を許してるわけだから。いまのほうがよっぽど自分を大切にしているし、認めているし、それに、それでも好きだって思ってる。だから好きだよりもだけど好きだを。本当の好きって言うんだよ。私の中ではね。うん、いいんだよこれで(震え声)

ポジティブシンキングは最後のほうで息できなくなるので無理です

あの人に嘘をついた。私はあの人が何をしても否定しない。なんでも受け入れたいと思っているし、例え、犯罪者になってもきっとあのひとのことを受け入れるだろうし、好きで、仕方ないと思う。それじゃだめなんだよね。あ、ダブルミーニングです

あの人から2日くらい未読無視されて連絡が途絶えたとき、真っ黒な何か(嘔吐物のようなイメージ)がわたしの頭の中に湧いた。失いたくない失いたくない失いたくない会いたいまた会いたい私に会いに来てほしい。

このまま失うのはいやだ

気づいたというかほんとは分かってた、これこそが私が見て見ぬ振りをしてきたことだったアアア死にてへエーーーーーーーー私はあの人の幸せを壊す危険因子でしかない。いつかはこうなる。幸せどころかあの人を成長させることだってできない。そんな人が、必要とされるわけないって。悪役は、好きだからいいんだけど、悪は滅びるものではない、だけど、あの人の世界だけは、悪は滅びるものであってほしい。あの人だけは、毎話ハッピーエンドでいてほしい。

ネガティヴ故の行動だけど、自分らしい恋をできて嬉しいよ。ありがとう。さようなら。本当はずっと君と話したり笑ったりしてたいよ。それができないのは、だれのせいでもなく私のせいでもない。私と君だからだよーん!

こんなちっぽけなものひとつで繋がっていたの、それも18の頃からずっと。

あなたはわたしのすべてじゃない、わたしの人生はあなただった。本当にOVAだよね。

三連休のバイト

つかれたけど楽しかった。

最近、もういやだなと思うことが多くて、他のバイトを探してここは平日ちょっと入るだけにしようかな、と思ってた。お客さんがたくさん入って忙しくなると私はどうしても心が狭くなり、「(タブレット)使わないから」「全部焼いてきてください」とか言われるととてもイライラした。

自分で何もしたくないなら安価なお店を選ぶなよと思ってしまう。今日もタブレットの説明をするとそれで頼まないから持って行ってと言われ、だったらここを選ぶなと思った。タブレットでの注文は、安さ、速さに反映されているんじゃないかなと私は思う。タブレットがあるので、ない世界を誰も想像しないけど、私は妄想癖があるので想像してしまう。少しずつ値上がりしたりしてたかもしれない。そして速さは確実に今より遅いと思う。安さは私の予想でしかないので置いておくとして、速さの面では客側は確実にタブレットの恩恵を受けている、それなのに自分は使いませんやりたいようにやりますというのはお客様の希望というよりマナー違反に近いと感じる。あなたIKEAでもそんなことを言うんですか。オジイちゃんオバアちゃんはいい。普通のひとに使えないなどと誇らしげに言われるともう来なくていいのにな、ハァと思う。全部焼いてきてくださいと言ってくるひとも、だったら全部焼いてくれる他のお店に行けばいいのではと思う。だって全卓でそれを言われても対応できない。私は昔から変わり者なので全ての人にできる対応しかしたくない。でも店長がどんなお客さんの要望も出来る限り聞いているのを見ると、引き受けざるを得ないし、あんまり嫌な顔したくないなと思う。でもやっぱり考え方は簡単には変わらなくて、そんな人たちに忙しくさせられて、普通に自分で焼いてタブレットを使ってくれているお客さんへの対応がひとつでも疎かになってしまうのが嫌でたまらない。お客さんは選べないけど神様ではない。笑わないとか、つれないと言われるけれど、私でもニコニコ接客してる席があって、それは本当にごく普通に、自分で焼いて自分で頼んでいるひとたちのお席だ。この料理がタブレットで見つからなくてと言われると探してくれたんやなと思ってその席はすごく気にかけてしまう。そういう自分が嫌でたまらなかった。私はただのアルバイトで言われたことだけやっていればいいのにどうして自分の考えがいつも邪魔をするのだろう。

お客さんを見なくなった。笑わなくなった。オーダー以外は基本無視した。私は無料キャバクラじゃない。

今考えれば夜も寝てなくて疲れていたんだろうなーと思う。

そういう時に、私がこの子の接客を真似よう、と思っていた女の子がどの卓でも朗らかに接客しているのをみて、私はやっぱりダメだと思った。やめたくなった。

ここ数日ドリンクを作るところに入るようになって、お客さんのためにできることが明確で、なんだかほっとした。


(タブレット使わないやつの注文を取っている時に待ちぼうけしている料理が目に入る、あれが普通にタブレットで注文してくれてる人のだったらと思うとなんだか嫌な気持ちになる。そんな気持ちの時に何歳?彼氏いるの?なんて言われたら死んでと思うでしょ。それが続けば無視するようにもなるよ、言い訳するならそんなところだ。こんな世の中滅びろと思う。

死ね、なんて軽く言っちゃいけません なんて理論はおかしすぎて笑う。そう言いながら貝焼き殺して食べるんでしょ。人間以外は生命体じゃない?人間至上主義もほどほどにな。死は希望、とまでは言わないが死ぬことは悪いことではない。)

疲れ記事


バイト先のひとの「接客業で人をみたら終わり」という言葉が頭に重く残っている。接客業というか世界全体でいえることだ(規模のクセ)。いい人そうだから、純粋に家で食べたいと思ってるから 一体それがなんの関係があるのか。お客さんも家で食べたいと思っているので悪い対応は絶対しないように、という店長の言葉はとても素直に受け入れられるほど真っ当で感服した。だけど同時にとてつもなく疑問に思ったのが、そこまで理解しているのにどうしてその先が分からないのか、あるいは考えないのか。

その先とは、家で食べたい人のその先のそのひとのこと。持ち帰らせたことで大なり小なり問題が起きた時、店側を責めるひとのことだ。中には悪質なクレーマーもいるかもしれないけど、初めは店を責める気などもさらさらなかった人でも、もし自分や家族の身に重大なことが起きれば、傷んでいたにちがいない、テイクアウトでないものなのに提供した、そんなことを言うだろう。そんなの目に見えている。それが悪いとは思わない。人間は自分を防衛する生き物だ、やりきれないなら転嫁するしかないし悲しみと花粉で人は狂う。(花粉症は死にたくなることがあります)

どんなひとでも何かあれば店側を責めるだろう。悪意がなくても。結局私が言いたいのは、トラブルの素になることはしたくないしめんどくさいことは一切したくありませんということです。常日頃からずっと言ってるけど、それ以上を求めるのならそれ以上の金をください。


悪いオッサンばかりではないことくらいは分かっている

私にはお金のかからないストレス発散方法がなく、ストレスはお金に直結するためというカスすぎる理由であんまり笑わなくなった。そんな私に追い打ちをかけるのが、そう。

オッサンである。

彼らは私がお飲物を持って行くと、よくわからないことを言ってケラケラと笑いかけてくる。本当に何を言っているのか分からない。前までなら私もアハハ、、くらいは笑っていたが、今は完全なノーリアクションで立ち去る。ストレスを1ミクロンも溜めたくないからだ。だが、オッサンたちは私が笑わなかったせいなのか地獄のような雰囲気になる。何故...?この雰囲気になるの2秒笑うのと変わらないくらい嫌なんですが、、ストレスが、、、こう言うとどっちも同じくらいストレス溜まるんだったら笑ったほうがいいジャン👼💖とか言ってくる頭弱い女がいるだろうが、その先まで考えるとどう考えても無視すべきだ。たしかにあの雰囲気は地獄だが、確実にそこで終わる。私はさっと去ればいい。だが、もしアハハと笑ったことにより気を良くしたオッサンが一言でも私に話しかけてきてみろ、確実に3は溜まる。(アハハは1)笑う方はそんなリスクがあるのだ。同じストレスならリスクがないほうがいい。ちなみにストレス30になるとシャネルのルージュを一本買わないと気が済まなくなる。