笑えないほどに勝ち目がないのは僕のシークレットラヴ

わたしってなんなんだろうか。

とっても死にたいですが、みんなに迷惑かけるのがめんどくさいです。

私が死んでも定期的に私のツイッターが私っぽいこと呟けば、みんな私は元気そうだなと思うんでしょ。私のiPhoneからたまに私っぽい返信がくれば何も思わないんでしよ。むしろわたしっぽくなくても気付かない。

私生きてなくていいじゃん。私のiPhoneがわたしっぽいことしていればそれで。わたしの皮をかぶった狼が人間っぽいことしてくれ。

That which does not kill us makes us stronger

ブルゾンちえみ大好き。

24時間テレビは私は好きでも嫌いでもなく興味はないです。昔は24時間やってるテレビというだけですっげーーーーー!となっていて、24時間見てました(朝のおたよりタイム的なとこは寝ていた)。ていうか、24時間テレビに限らず、大人になるとテレビにウキウキできることが少なくなりました。お笑いやめっちゃ笑えるバラエティなんかは今でも楽しい。ドラマも面白い。

24時間テレビなんて偽善だってバイト先の女子高生が言ってた。そんなの大人は全員知ってますよ多分。それでも今年も24時間テレビはあるんですよ何故だと思う?そんなの私はテレビじゃないからわかんないけどさ。そりゃあギャラをそのまま募金したほうがいいでしょうね。でも視聴率もとらずただ夏の終わりにめっちゃ募金してその人にとってなんの意味がありますか?世の中「人の為」は存在しません。すべての行動は自分の望んだところだと思う。自分のために人を救うのです。

偽善、という言葉にそもそも私は違和感ワッサワッサです。善に真も偽もないですよ。そもそも善なんて星のようなもので、人の数だけ存在して、大きさも色もみんなちがう。偽善だ、なんて言い出したら私から見たみんなの善はすべて偽善だしみんなから見た私は悪や偽善なんでしょうね。夜空の星はそんなくだらないこと言わないでみんな輝いてるでしょ。

24時間テレビのギャラは24時間テレビがなければ発生しないんです。いくらあなたが千円もってるからってとめてもいない駐車場に千円払いますか。そのまま募金しろという元も子もない理論には元も子も理論で返せばそもそも24時間テレビがなければテレビによる募金はないと思え。テレビを作っているひとたちだって人間だから、自分たちができること(それが正しいかどうかは別として)を活かしたいとかいう欲求があるのかもしれないし、そういう形でお金を集めるという形が欲しいのかもしれないし。なにもしてない私たちがどうこう言う資格がないんですよね。まあ私も24時間テレビはすきじゃないけどね。

それに、愛は地球を救うと思ってた頃があっても、いいんじゃないですか。絶望なんていつでもできるから

人と屏風

自分のキャパシティを超えるつらいことがあっても人間は死なないので、そのままがんばりつづけると心がしぬ。この時点で世の中は理不尽。本当はもっともっと泣きたかったし学校休みたかったし、もっと言うならあの日だって、試合なんてどうでもよかったよ。四十九日も、生きてる時に何もしてあげられなかったんだから、そういうのは、なんの意味もないからべつにいいの。そう思って試合に行ったのに、帰る時、今日1本でもシュート入れたかった。今日それができなきゃ意味なかったって、当時仲良しだった友達にぽつんと言ったのを覚えてる。涙なんて出もしなかった。なんの意味もないなんて本当は思ってなかったのかもしれない。だましだまし毎日過ごした。だれにもなんにも言えなかった。ある日友達が母親と喧嘩したことを聞いた時につい言ってしまった。私は母さんと喧嘩別れしたから、友達にはそうなってほしくなかったけど、私の話は重過ぎて、伝えたいことが伝わらないんじゃないかって、ちょっと悩んだ。

10代とは何かという定義はないけれど、私の10代はだましまだましで生きることだけだった。母さんが死ぬまでは希望に騙され、現実逃避しながら生きていた。きっと大丈夫、希望、目に見えないもの、これらを信じていた。

母さんが死ぬことですべての答えを分かってしまう。絶望した。悲しみで死ねたらいいのに、そんなことばかり考えるようになる。みんなの前で明るくできない日は学校に来たくないんだもんって言ったら、アイドルじゃないんだからと怒られたけど、私は人のためにみんなの前で明るくしてるわけじゃない。人前で明るくしていれば自分をだませるから、むしろみんなにありがとうと言いたい。1人で抱えこんだのは、自分のためだった。私にとって、何もよりも、いつも通りのみんなや日常が特効薬だった。普通に、こんなに学校こなくてなにしてたの!と言われることが私にとって何よりも癒しだった。

でもそういうのがだめなんだったんだよね。

子供のような甘い考え。現実を見ようともしないでただただ楽になれるほうへ。悲しみを乗り越えようと一度でも思ったことがあったかな。だましだまし、その場しのぎ。心が死んだ。私の人生は詰むように作られてるなんて思いたくもない。

怖い夢

ケンカしたのかなんなのか、こけちゃえばいいのに、的なことを思った私の友達が本当にこけて崖のようなところをすべってしまった。すごい音がして振り返ると友達の体と、友達の断裂した右手がバタッと落ちた。すぐに駆け寄るもなにもできない。右手首を抑えて上に上げる。血が流れる。腕をどこかにはさんでない?すごく痛いと言われて、はさんでないと言ったけどその右手はもうない。無いとは言えずに救急とかがくるのを待つ。よりによって右手。この手でたくさん勉強してきたんだろう。色んなものを得ていたのに。胸が苦しくなった。怖くて何もできずそばにいただけだった。その後その子にあいつはなんにもしてくれなかったとみんなに言われる。

起きてとてつもなく怖くて怖くて夢占いでたくさん検索したけど、もしこの夢に意味があるなら多分私への警告だと思われる。でも意味がある夢であることが自分でも分かる。なぜなら起きたとき、夢でよかった と思わなかった。見てはいけないものを見たと思った。そう思ったのは幼稚園の頃友達が花火にされる夢以来だった。何より、自分の右手が動くことにとても安堵した。それが警告であると思える根拠なんだけど。

酒はいらない

昨日のみすぎてしんだ。今日のバイトギットギトの体でなんとかがんばったけど、歩くことすらままならなくて遅刻していったのに最初の1時間はきゅうけいしつで寝てた。人狼ゲームはじんろうのほうがたのしい。

つらいー、死にたいのでとりあえずねる、、

クズすぎるあいつのクズな話、もっと聞きたい 私の知らない世界はいっつも面白いから、だからもっと話したくなるし仲良くなっちゃうんだけど、くそつまんないひとだっているからね。なかよくなるひとは選ぼう

ぽよぽよヨーヨー

お祭り楽しかった。ただ、今は死にたいという感情しかない。とりあえず寝たい。昨日7時に起きて出勤して遊んで寝ずに14時間労働なんて死ぬしかない。咳がとまらず肺が痛い。今日は何かに抗う元気すらないし、ゆっくりと過ごそう。今日は混まない。年金の取り立てみたいなひときてるしなんかもうしにたい。つらい。それでも毎日はやってくるのだからゆっくり生きよう。嫌われてもいい。きっと大切にしてくれる誰かに巡り合うまで、私は私を大切にすることだけ。付加価値がないといけない人間関係なんて、世間の目なんて、大切ではないですよ。そんなことよりも、たった1人の自分のほうが、もっともっと、だいじ。

吐きそう

あなたの気持ちを話してくださいとか心の相談ダイヤルとか作ってくれるんだったら税金ばっかとるのやめろよ。税金の無駄遣いとか本当にもうむりだから。はー、本当に死にたい、、、何をやっても金をとられる。つらい。つらい、、、。生きていてもつらいだけ。もーほんとに死んじゃおっかな。将来に不安しかないし、もうむりだよ。